プロフィール

ナルホドー

Author:ナルホドー
 岡山県在住だった遊戯王やポケモンのプレイヤー.
トレーディングカードショップギルドによくいました.
 現在は東京の国立大学に通ってます。物性物理学を専攻しています.
 趣味(いろいろ手を出しすぎて中途半端になりつつある)
Ingress,紙芝居,舞台探訪(聖地巡礼),同人,ポケモン(ゲーム・カード)

TwitterID:naruhodou443

HN ナルホドー

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

ソラコイ 体験版

 書くネタに困ったので思ったことを少し書きます。

 宮坂みゆ先生の原画は数年ぶりでとても楽しみだったのですが、体験版をプレイして「これはダメなやつだ。」ってなりました。
『ソラコイ』応援バナー640×120_1
 物語は幼馴染と未来から来た?幼馴染とでドタバタな日常を描こうとしていると解釈した。申し訳ないが、読んでいて面白くない。もう一人の自称幼馴染が現れてからただただ喧嘩して日常が流れている。最初は微笑ましいが、何かあるたびに喧嘩している描写で飽きる。残りの先輩と後輩も空気になりがちである。
 「これはダメだ。」って決定的だったのは以下の描写。

  自称幼馴染がクラス人転校してきたとき、学園で不登校の娘に成り代わる、幼馴染の親戚という"設定"にした。これは主人公も知っている。
  このあとの場面での主人公が自称幼馴染の料理を食べたときの『親戚って家庭の味まで似るものなのかな?』というセリフ。

 親戚やらソラという名前は学園や寮にいても不自然にならないよう配慮した結果である。しかし、ここでは"親戚"という設定をもとに話が進んでいる。要は話の辻褄が合っていない。こういった欠陥がある。僕が見落としているものもあるかも知れない。2周もしようとは思わないので気づいたところだけ述べた。
 以上から僕はこのゲームは「ダメなやつだ。」って判断した。さらに言えば、映研として何か取り組んでる描写がないとか。半年前のLOVEREC.は部の活動もきちんと描写されていた。その中で各キャラの個性とかも出ていただろう。この作品では前述のとおり喧嘩ばかりである。
 良い点は料理対決の描写くらい。仲の良くない2人だが、料理中はよい感じであったし、2人で主人公を奪い合うなら主人公の気を引くアプローチを多くみたいというのが僕の意見。
 僕はこの作品を予約しているし、CANVAS+GARDENさんは絶対行くサークルで宮坂みゆ先生の絵が好みである。あと、最近ハマりつつある秋野花さんが声優をしているので買う(はず)。しかし、ほかの人にオススメするかと言われれば絶対にしない。正直、幼馴染と自称幼馴染の2ルートで低価格にしてくれというのが僕の願い。そしてサントラ集めるオタクとして、同日でバラ売りしないで欲しい。
 
 最後に
1ヶ月自分の研究ばかりで広告を消すネタがないという理由で発売前のゲームを批評して申し訳ないと思っている。しかし、体験版の時点でここまでモチベを下げられたものは数少ないので...
スポンサーサイト

テーマ:エロゲー
ジャンル:ゲーム

Comment

非公開コメント